ホワイトハットSEO・ブラックハットSEOとは?|SEOの基礎知識


ホワイトハットSEO・ブラックハットSEOとは?

今回は、「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」の違いについて解説します。SEOの手法として知られるこの2つですが、どのように違うのかご存知でしょうか。

その違いは、「検索エンジンのガイドラインに沿っているかどうか」です。

検索エンジンのガイドラインに沿った手法を「ホワイトハットSEO」、ガイドラインの裏をかいた技術で検索順位を上げようとする手法を「ブラックハットSEO」と呼びます。以下で、両者を詳しく解説します。

 

ホワイトハットSEO:検索エンジンのガイドラインに沿ったSEO

検索エンジンのガイドラインに沿ってWebサイトを最適化していく手法を「ホワイトハットSEO」と呼びます。GoogleやYahoo!など大手検索エンジンのガイドラインをよく読み、それに沿ってサイトを改善していくことが大切です。

例えばGoogleは、数年前から「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」と呼ばれるアップデートを繰り返しています。これは、後に紹介するブラックハットSEOの手法が蔓延し、ユーザーに有益なサイトを表示できなくなってしまうのを防ぐためのアルゴリズムです。具体的には、サイトの質を判断し良質なサイトの掲載順位を上げたり、質の低いリンクを扱うサイトの掲載順位を下げたりといったシステムです。

つまり、ユーザーを第一に考え、彼らに有益なサイトを作って掲載順位を上げようとするのがホワイトハットSEOです。

例えば、ユーザーのニーズ(検索キーワード)と一致したコンテンツを作る、自サイトと関連するテーマのサイトからのリンクを増やす、などが方法として挙げられます。

 

ブラックハットSEO:アルゴリズムの裏をかいたSEO

検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいた悪質な技術によって、サイトの検索順位を上げようとすることです。

例えば、「クローキング」という手法があります。検索エンジンは、クローラというプログラムを使いWebサイト上の文書や画像を取得しデータベース化しています。クローキングとは、検索エンジンのクローラに対して、一般ユーザーに表示されるものと異なる特別なページを故意に表示することで、本来のサイトに手を加えることなく検索順位を上げようとする手法です。また、SEO目的のサイトから被リンクを購入して評価を高める施策なども分かりやすい例です。

これらのような行為は「スパム行為」と判定され、ペナルティとして対象ページの検索順位を下落させられたり、検索結果に現れなくなることもあります。

かつてはこのような「検索エンジンの裏をかく」SEOが公然と行われており、それが一定の成果を挙げていました。しかし現在は、検索エンジン側のスパム検知精度が向上したり様々なアップデートが行われたりしたため、より健全な検索結果が表示されるようになっています

 

まとめ:ホワイトハットSEOが主流だが、バランスが大事

2016年現在、検索エンジン側のアップデートやスパム検知精度の向上によりブラックハットSEOは以前より効果を上げづらくなっており、ホワイトハットSEOが優勢となっている状況です。

しかし、だからといってブラックハットSEOの手法を完全に悪だと決めつけて切り捨てるのは得策ではありません。いくらホワイトハットSEOの手段を駆使してユーザーを考えたコンテンツを作っても、効果が出ない場合もあります。

例えば、ブラックハットSEOの手法というイメージのある「被リンク(=他サイトから自サイトへのリンク)増やす」という手法は、リンクを張るサイトが自サイトとの関連が強ければ検索エンジンに評価され、順位の向上につながります。そのため、現在はホワイトハットSEOが優勢であるという現状を踏まえながらも、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOのバランスをとってサイトを最適化することが必要です。