【SEO対策】自サイトの被リンクをチェックするのに必要なツールまとめ


被リンクは最も重要なSEO対策のひとつ

linked

SEO対策で、自サイトのコンテンツの改善と同じくらいに重要なのが「被リンク」対策です。被リンクとは、他サイトに貼られた自サイトへのリンクを指します。

質の高い(=自サイトコンテンツとの関連性が高い)被リンクが多く集まることは、検索エンジンから信頼性の高い、ユーザーにとって有益なサイトであると評価されることにつながります。

今回は、自サイトが現在どのようなサイトから被リンクを受けているかチェックできる、無料で便利ツールを2つご紹介します。被リンク対策を始めるならまずこの2つだ!といえる便利なツールです。

 

 

被リンクがチェックできる無料ツールまとめ

マイサイト被リンクチェックツール | 被リンクチェックの無料SEOツール hanasakigani.jp

hilink-hanasakigani

SEO会社であるディーボが提供するツールです。自サイトのアドレスを入力するだけで、自サイトや競合サイトの被リンク状況が簡単にチェックできます。

実際にとあるサイトのURLを入力してみました。

kani-1

URLを入力すると、まず被リンクの数とドメイン数が出てきます。被リンクは単に数が多ければいいものではなく、多くのドメインからリンクを受けることも重要なので、ドメイン数も表示されるのはありがたいです。

kani-2

次に、具体的にどのサイトから被リンクを受けているのかを見ることができます。上位のサイトほど、Yahoo!における検索結果の表示順位が高いことを表しています。他の項目の具体的な説明はこちらでご確認ください。

このように、hanasakiganiを使うことで、被リンク状況を知るための基本的な情報を知ることができます。被リンク対策を始めるにあたってまず使うべきツールといえます。

 

②被リンクチェックツール – SEOTOOLS(SEOツールズ

seotools

ブラストホールディングス株式会社が運営する、完全無料のSEOアクセス解析ツールです。特徴は、ドメイン分散やIPアドレス分散、Googleが認識する被リンク数に基づいて被リンク対策の総合評価がAからDにランク付けされる点です。

日々の確認というよりは、被リンク対策を実施してしばらく経ってからその対策の評価を確認する目的で使うと便利なツールです。PDCAサイクルのC(Check)にあたります。

 

まとめ:被リンクの量&質を定期的にチェックしよう!

いかがでしたでしょうか。被リンクチェックはSEO対策の要です。先に紹介した2つのツールはいずれもブラウザ上で利用できるツールなので、ブックマークすることをおすすめします。被リンクの質&量を定期的にチェックして、被リンク対策の効果を高めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + 6 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)