SEO対策の要!検索キーワードの選定に導入必須な2大ツール

SEO対策の第一歩:対策対象のキーワードの見極め

netad_sum

SEO対策を始めるにあたってまずやるべきなのは、対策する検索キーワードの選定です。

例えば、男性向け化粧品を取り扱う会社がSEO対策を行う場合があるとします。その場合、「男性 化粧品」という検索キーワードのなかで上位に表示されるように対策を練るには、相当なコストがかかります。なぜならば、このキーワードは検索対象が幅広く、競合性が高いためです。

逆に、「男性向け 化粧品 通販 オーガニック」というように、キーワードを限定しすぎても効果は期待できません。この場合、競合性は高くありませんがそもそもそのキーワードで検索する人が少ないという問題があります。

このように、対象となる検索キーワードを決めるときは、その競合性と検索量のバランスが大切になってきます。そこで今回は、検索キーワードを選定するためにこれだけは使いたいSEOツールを2つご紹介します。

 

 

 

これを使えばうまくいく!無料ツールでキーワードを選定しよう

キーワードプランナー:キーワードの検索量・関連ワードを知る

Keyword-Planner

まず最初にご紹介するのは、Googleが提供する「キーワードプランナー」です。これは、Googleでリスティング広告を運用するときに用いる「GoogleAdwards(グーグルアドワーズ)」というツールの中にある機能のひとつです。

これを使うことで、検索キーワードがどのくらい検索されているかという検索ボリュームや競合性を知ることができます。また、検索キーワードと一緒によく検索されている、関連性の高いキーワードも調べることができます。

例えば、先ほど例に挙げた男性用化粧品の場合を考えてみましょう。

  keyword-planner-1

Googleキーワードプランナーの利用を開始したら、赤枠の欄に「メンズ コスメ」と入力して見ましょう。画面に映っていませんが「候補を取得」というボタンをクリックすることで、検索ボリュームなどが表示されます。

関連キーワードを探すときにおすすめなのが、「キーワードオプション」を設定することです。

keyword-planner-option

ここで、「入力した語句を含む候補のみを表示」という項目をオンにすると、「メンズ コスメ」というキーワードを含む、関連キーワードが表示されます。「メンズ コスメ ○○」というキーワードということです。

これで保存をクリックすると、関連キーワードの候補が取得できます。

keyword-planner-ex

この中から、月間平均検索ボリュームが10~100、または100~1000のものが妥当だと言えるでしょう。そのキーワードに絞って対策すればいいことが分かります。

※ただし、2016年夏のアップデートにより検索ボリュームが概数でしか表示されなくなっている点には注意が必要です。

 

SEOチェキ:同じキーワードを狙う競合サイトを知る

seocheki

SEOチェキは、対策している検索キーワードの検索順位の中で、自サイトが何番目に表示されているのかという順位を見ることができるのが特徴のツールです。その他にも、被リンク数やブックマーク登録数など、SEOに関する基本的な指標をみることができます。ブラウザ上で使用できるのでとても手軽です。

キーワード選定に役立つのは、そのなかの「検索上位サイトチェック」という機能です。ここに、狙っているキーワードを打ち込むと、検索エンジンYahoo!において上位に表示されるサイトを50個まで知ることができます。

cheki-2

これを見ることで、上位のサイト構造はどのようになっているのかを知ることができます。また、上位サイトの情報量やサイトデザイン、構造などをチェックし、自分のサイトでも参考にできるものかどうかを考えることが可能になります。

もし上位サイトの情報量やサイト構造がマネできなそうな規模であった場合は、キーワードをより競合性の低いものに絞ることを考える必要があります。

 

 

まとめ:無料ツールを使って効果的なキーワードを選定しよう!

いかがでしたでしょうか。SEO対策を始めるにあたって、効果がきちんとでそうなキーワードに照準を定めることは大変重要になってきます。今回ご紹介した無料ツールがキーワード選定の一助となることは間違いないでしょう。まだSEO対策を始めていない方、始めたはいいけど効果が上がらないかたは改めて検索キーワードを選定してみましょう。

 

【SEO対策】自サイトの被リンクをチェックするのに必要なツールまとめ

被リンクは最も重要なSEO対策のひとつ

linked

SEO対策で、自サイトのコンテンツの改善と同じくらいに重要なのが「被リンク」対策です。被リンクとは、他サイトに貼られた自サイトへのリンクを指します。

質の高い(=自サイトコンテンツとの関連性が高い)被リンクが多く集まることは、検索エンジンから信頼性の高い、ユーザーにとって有益なサイトであると評価されることにつながります。

今回は、自サイトが現在どのようなサイトから被リンクを受けているかチェックできる、無料で便利ツールを2つご紹介します。被リンク対策を始めるならまずこの2つだ!といえる便利なツールです。

 

 

被リンクがチェックできる無料ツールまとめ

マイサイト被リンクチェックツール | 被リンクチェックの無料SEOツール hanasakigani.jp

hilink-hanasakigani

SEO会社であるディーボが提供するツールです。自サイトのアドレスを入力するだけで、自サイトや競合サイトの被リンク状況が簡単にチェックできます。

実際にとあるサイトのURLを入力してみました。

kani-1

URLを入力すると、まず被リンクの数とドメイン数が出てきます。被リンクは単に数が多ければいいものではなく、多くのドメインからリンクを受けることも重要なので、ドメイン数も表示されるのはありがたいです。

kani-2

次に、具体的にどのサイトから被リンクを受けているのかを見ることができます。上位のサイトほど、Yahoo!における検索結果の表示順位が高いことを表しています。他の項目の具体的な説明はこちらでご確認ください。

このように、hanasakiganiを使うことで、被リンク状況を知るための基本的な情報を知ることができます。被リンク対策を始めるにあたってまず使うべきツールといえます。

 

②被リンクチェックツール – SEOTOOLS(SEOツールズ

seotools

ブラストホールディングス株式会社が運営する、完全無料のSEOアクセス解析ツールです。特徴は、ドメイン分散やIPアドレス分散、Googleが認識する被リンク数に基づいて被リンク対策の総合評価がAからDにランク付けされる点です。

日々の確認というよりは、被リンク対策を実施してしばらく経ってからその対策の評価を確認する目的で使うと便利なツールです。PDCAサイクルのC(Check)にあたります。

 

まとめ:被リンクの量&質を定期的にチェックしよう!

いかがでしたでしょうか。被リンクチェックはSEO対策の要です。先に紹介した2つのツールはいずれもブラウザ上で利用できるツールなので、ブックマークすることをおすすめします。被リンクの質&量を定期的にチェックして、被リンク対策の効果を高めましょう。

ホワイトハットSEOを実践しよう!|内部対策・外部対策

ホワイトハットSEO=コンテンツ重視

ホワイトハットSEOは、検索エンジンのガイドラインに沿ってユーザーにとって価値のあるサイト作りをすることで検索順位の向上を目指す手法です。「コンテンツ イズ キング」と言われるように、昨今はサイト内のコンテンツをユーザーにとって利用価値の高いものに最適化するのがSEOにとって重要です。このように、サイト内を改善することを内部対策と言いますが、実はSEOでより効果を上げるにはそれだけではなく外部対策も必要なのです

今回は、ホワイトハットSEOを実践するにあたって内部対策・外部対策のそれぞれで何をすればいいのか、分かりやすく説明していきます。

 

 

内部対策:サイト自体の質を高める

内部対策においては、ユーザーのニーズに合っていて、利用しやすいサイトを作ることが重要になります。ここでは、すぐに実践できる対策テクニックを3つご紹介します。

 

①サイト構造:分かりやすいツリー構造にする

サイトの評価ポイントの一つに、ユーザーがサイトを使いやすいかどうかという観点があります。そこで、サイトをカテゴリー別にツリー構造にすることで、ユーザーが知りたい情報を簡単に見つけられるようにしましょう。

ここで大切なのは、ツリー構造をできるだけ浅めに設定することです。必要な情報に至るまでに何回もクリックしてページを移動することは、ユーザーにとってストレスになってしまいサイトの利用価値が低下してしまいます。最下層のページまで、多くて3~4回までのクリックを目安に、構造を考えましょう。

 

②キーワード:狙うキーワードをタイトル・URLに含める

サイトやページのタイトルとURLに、上位表示を狙うキーワードを入れましょう。但し詰め込みすぎは禁物です。特にURLにあまり多くのキーワードを含めすぎると、最悪の場合検索エンジン側にスパムとして認識されてしまい、ペナルティがついてしまう可能性があります。一つのタイトルにつき、含めるキーワードは多くて3つ程度にすべきです。

 

③サイトの更新:更新頻度を高める

サイトは更新が多いほど評価されます。既存のページの修正だけでなく、新しいページを増やすことが重要です。

ただし、内容が薄いページを増やしても評価されないので、良質なコンテンツを含むページづくりが必要になります。コンテンツの質を評価するポイントのひとつは、情報量=文字数です。多からず少なからずの文字数が理想です。1500-2000字を目安として、他の競合サイトと比較しながらコンテンツを増やしましょう。

 

 

外部対策:良質な被リンクを増やす

外部対策とは、他サイトから自サイトを評価してもらうための取り組みです。その一つとして被リンク(他サイトに貼ってある自サイトへのリンク)を増やすことが挙げられます。被リンクが多いほど、他のサイトから評価されているサイトだと検索エンジンが認識するため、検索順位の向上が期待できます。

しかし注意したいのは、単に被リンクの数を増やすだけでなく、質のいい被リンクを集めることが大切だということです。これはスパムサイトの被リンクを大量に購入して不正に表示順位を上げようとする手法を防ぎ、ユーザーにとって価値の高いサイトを表示するためです。

 

被リンクの質を高めるためには?

質の高い被リンクを集めるためにできることを2つご紹介します。

①発リンク先(自サイトのリンクを貼っているサイト)のドメイン数を増やす
いくら被リンク数が多くても、同じドメインからの被リンクが多いと作為的なリンクだと判断されます。被リンク数を増やすだけでなく、被リンク元となるドメインの種類も増やしましょう。

②自サイトと関連するテーマのサイトからの被リンクを増やす
発リンクサイトと被リンクサイト間のテーマの関連性が高いと高評価につながります。例えば自サイトがジムのサイトであれば、健康・美容・ダイエット系など関連の深いテーマのサイトからの被リンクを受けるようにしましょう。

 

 

まとめ:内部対策と外部対策のバランスが大切!

いかがでしたでしょうか。ホワイトハットSEOというとサイト内の改善だけを指していると思われがちですが、それだけでなく外部対策として質の高い被リンクを増やすことも重要です。内部対策と外部対策をバランスよく実施し、PDCAサイクルを回しながらサイト改善を行っていきましょう。

ホワイトハットSEOに役立つ無料ツール3選!【目的別】

ユーザーにとって有益なサイトを作ることで検索順位の向上を目指す「ホワイトハットSEO」。しかし、ユーザーのニーズが分からないままなんとなくページを更新しても効果はありません。そこで今回は、ホワイトハットSEOで効果を上げるために役立つ無料ツールを3つご紹介します。どの場面で役立つのか、目的別に整理してあるのでぜひご覧ください。

 

【ケース1】SEOで狙うキーワードを決める

SEOでは、自サイトを上位に表示させたいキーワードを絞ることが重要です。

例えば「化粧品」のような非常に検索数が多そうなキーワードを狙っても、そう簡単に順位は上がりませんし、逆に「化粧品 男性用 オーガニック」のように絞りすぎたキーワードでも、検索数が少なくサイトの訪問数は増えません。

つまり、どのキーワードが、どれだけ検索されているのかを知り、一番効果が出そうなキーワードを見つける必要があります。

そんな場合に役立つのが、Googleが提供する「キーワードプランナー」です。

 

Google Adwards キーワードプランナー

あるキーワードについて、

①月間の検索数、②掛け合わせで検索されているキーワード、③競合性

などを知ることができます。

例えば上の画面では、「SEO」という検索ワードは月間で約5万回検索されており、競合性の高いキーワードであることが分かります。

これを導入することで、

①競合性の低いキーワードを狙って対策をし、コストを押さえつつコンバージョン(会員登録や商品購入など)を増やせる

②キーワードのトレンドに応じて、需要の多い時期に対策を強め、コンバージョンを増やせる

といった効果が望めます。

2016年現在は、Googleにリスティング広告を出稿するGoogleAdwardsというツールの一つの機能としてこのキーワードプランナーが含まれています。

公式:Google Adwards キーワードプランナー

 

【ケース2】SEO対策の効果を確認する

SEO対策で効果を上げるには、ただ施策を行うだけでなくその後の効果を確認し、次の施策につなげるというようにPDCAサイクルを回す必要があります。

このときに役立つのがGoogle Search Consoleです。

 

Google Search Console

SEOの効果が表れているか、確認すべき指標をチェックすることができるツールです。その指標とは、以下のようなものが挙げられます。

①サイトへの来訪キーワード

②検索結果ページでの表示回数

③クリック率(CTR)=クリック回数÷検索結果画面での表示回数

④検索順位

ホワイトハットSEOが実際に効果が表れているのか、これらの指標の遷移を日々チェックしましょう。例えば、②検索結果ページでの表示回数が多くても、③クリック率が低い場合は、検索結果ページに表示されるテキストの文言を修正する必要があることがわかります。

これらの指標を参考にすると、ページごとにより効果的に改善することができます。

公式:Google Search Console

 

【ケース3】SEO対策と平行してサイト内のユーザーの動きも見る

SEOは検索順位を高めてサイトの集客を増やすことができますが、それだけでなく、流入したユーザーがサイト内でどのような動きをしているのかを確認することも必要です。サイト内でのユーザーの動きを確認することをウェブ解析と言いますが、それに役立つのが株式会社WACULの提供する「AIアナリスト」です。 

 

AIアナリスト

このツールは、人工知能がサイトのウェブ解析と、解析結果に基づくアドバイス提供を自動的に行ってくれる画期的なツールです。Googleアナリティクスに登録し、サイトにタグが入っていれば連携可能なのでだれでも簡単に始めることができます。Googleアナリティクスは無料で高機能なウェブ解析ツールとして有名ですが、高機能がゆえに使いこなせない方も多いのが現実です。

しかしAIアナリストを使えば、ウェブ解析を人工知能が網羅的に&人間より速く正確に行ってくれるだけでなく、「▲▲から入ってくるユーザーは○○のページで受けましょう」といった分かりやすい改善案を提案してくれます。

さらにSEO対策にとても便利な機能として、評価機能が搭載されています。これは、今日までのWebサイトを月次で評価し、明日以降のデータを予測するという機能です。

この機能の中でも特にSEO対策で使えるものとして、「出来事」機能があります。これは、日単位でサイトに起こった変化を確認できるページです。

上のように、AIが予測した値より大幅に変動があった項目について確認することができます。

例えば、検索順位に大きな変動があった場合、変化を検知しユーザーに自動的にお知らせが届くようになっています。ちなみにこれは有料版の機能なので確かに費用はかかりますが、

  • 検索順位が上がり、自然検索からの訪問数・CV数が増えた
  • 検索結果でのクリック率が改善され、訪問数が増えた

といった検索エンジン側の変化まで詳しく知ることができる、大変便利な機能です。有料版の導入も検討する価値のあるツールです。

公式:無料ウェブ解析ツール「AIアナリスト」

 

まとめ:目的に応じて無料ツールを導入しよう!

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したツールは、どれもGoogleアカウントを持っていれば、そしてGoogleのサービスを利用し始めれば誰でもすぐに導入できるサービスばかりです。

世の中にはSEOツールが多く出回っていますが、まずは簡単に無料で始められる、そして便利なサービスから利用を始めるべきではないでしょうか。

 

ホワイトハットSEO・ブラックハットSEOとは?|SEOの基礎知識

ホワイトハットSEO・ブラックハットSEOとは?

今回は、「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」の違いについて解説します。SEOの手法として知られるこの2つですが、どのように違うのかご存知でしょうか。

その違いは、「検索エンジンのガイドラインに沿っているかどうか」です。

検索エンジンのガイドラインに沿った手法を「ホワイトハットSEO」、ガイドラインの裏をかいた技術で検索順位を上げようとする手法を「ブラックハットSEO」と呼びます。以下で、両者を詳しく解説します。

 

ホワイトハットSEO:検索エンジンのガイドラインに沿ったSEO

検索エンジンのガイドラインに沿ってWebサイトを最適化していく手法を「ホワイトハットSEO」と呼びます。GoogleやYahoo!など大手検索エンジンのガイドラインをよく読み、それに沿ってサイトを改善していくことが大切です。

例えばGoogleは、数年前から「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」と呼ばれるアップデートを繰り返しています。これは、後に紹介するブラックハットSEOの手法が蔓延し、ユーザーに有益なサイトを表示できなくなってしまうのを防ぐためのアルゴリズムです。具体的には、サイトの質を判断し良質なサイトの掲載順位を上げたり、質の低いリンクを扱うサイトの掲載順位を下げたりといったシステムです。

つまり、ユーザーを第一に考え、彼らに有益なサイトを作って掲載順位を上げようとするのがホワイトハットSEOです。

例えば、ユーザーのニーズ(検索キーワード)と一致したコンテンツを作る、自サイトと関連するテーマのサイトからのリンクを増やす、などが方法として挙げられます。

 

ブラックハットSEO:アルゴリズムの裏をかいたSEO

検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいた悪質な技術によって、サイトの検索順位を上げようとすることです。

例えば、「クローキング」という手法があります。検索エンジンは、クローラというプログラムを使いWebサイト上の文書や画像を取得しデータベース化しています。クローキングとは、検索エンジンのクローラに対して、一般ユーザーに表示されるものと異なる特別なページを故意に表示することで、本来のサイトに手を加えることなく検索順位を上げようとする手法です。また、SEO目的のサイトから被リンクを購入して評価を高める施策なども分かりやすい例です。

これらのような行為は「スパム行為」と判定され、ペナルティとして対象ページの検索順位を下落させられたり、検索結果に現れなくなることもあります。

かつてはこのような「検索エンジンの裏をかく」SEOが公然と行われており、それが一定の成果を挙げていました。しかし現在は、検索エンジン側のスパム検知精度が向上したり様々なアップデートが行われたりしたため、より健全な検索結果が表示されるようになっています

 

まとめ:ホワイトハットSEOが主流だが、バランスが大事

2016年現在、検索エンジン側のアップデートやスパム検知精度の向上によりブラックハットSEOは以前より効果を上げづらくなっており、ホワイトハットSEOが優勢となっている状況です。

しかし、だからといってブラックハットSEOの手法を完全に悪だと決めつけて切り捨てるのは得策ではありません。いくらホワイトハットSEOの手段を駆使してユーザーを考えたコンテンツを作っても、効果が出ない場合もあります。

例えば、ブラックハットSEOの手法というイメージのある「被リンク(=他サイトから自サイトへのリンク)増やす」という手法は、リンクを張るサイトが自サイトとの関連が強ければ検索エンジンに評価され、順位の向上につながります。そのため、現在はホワイトハットSEOが優勢であるという現状を踏まえながらも、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOのバランスをとってサイトを最適化することが必要です。